ワタナベ スケザネ

贅沢な読書会記~『熱帯』をめぐって④~

bukatsu-do.jp 贅沢な読書会 横浜のイベントカフェBUKATSUDOで開催されている「贅沢な読書会」。 批評家の瀧井朝世さんがモデレーターを務められる二週に渡る読書会で、 一週目は瀧井さんと参加者たちで読書会、 そして二週目にはその課題作品の作者も交えて…

沈黙しない読書会と直後の読書会~『熱帯』をめぐって③~

沈黙しない読書会と沈黙しない直後の読書会 ~森見登美彦『熱帯』をめぐって③~ 以前の『熱帯』に関する記事はこちら →森見登美彦『熱帯』をめぐって - パセリ流星群 →森見登美彦と太宰治~『熱帯』をめぐって②~ - パセリ流星群 夏の嵐のように過ぎ去り、冬…

森見登美彦と太宰治~『熱帯』をめぐって②~

森見登美彦と太宰治~『熱帯』をめぐって②~ 前稿(『森見登美彦『熱帯』をめぐって』) は幸いにして多くの方々にご覧いただき、少なからぬ反響を頂戴しました。 本当にありがとうございました。 SNSというものの広大さを改めて思い知るとともに、森見登美…

【本屋大賞】森見登美彦『熱帯』をめぐって【直木賞ノミネート】

~森見登美彦『熱帯』をめぐって~ ※本稿は森見登美彦『熱帯』(2018.11 文藝春秋)に関する感想です。 あまりネタバレはしませんが、多少は作品内容に触れるので、まっさらな状態で楽しみたい方は読み終えてからまたいらしてください!

古本祭2018 雑感

本読みの人間にとって、十月の末から十一月初頭にかけてという季節は、心中穏やかではない季節である。 神保町古本祭である。 常日頃から、本の町として名高い神保町に、日本中の古本屋が出店を出し、既存の店舗もいつも以上に力をいれて、大放出を行う。文…

パセ流に関する動画が公開されました!!

文学を冒険するYouTuberムーさんとパセリ流星群のコラボ! YouTubeで、文学や音楽に関する発信をなさっている「文学を冒険するYouTuber」ことムー(小野修)さんのチャンネルに、パセリ流星群がお邪魔しました!

若いころの話(1/3)

若いころの話 これは私の師というべき御方から語っていただいたお話である。まだまだ肌寒い三月のしっとりとした昼下がりに、先生はその話をしてくださった。人生の岐路に立たされた人間というものは、見るもの聞くものをすべて自分にだけこっそりと与えられ…

プロローグ(『まゆずみのふもと』)

プロローグ ワタナベ スケザネ 霊水沸きいづれりと語り伝えられる霊峰は、今ではその山麓に無作法な風穴を空けられていた。響きわたるのは間延びしたタイヤの音ばかりでなく、往時の武者たちの慟哭と怨言も山鳴りの轟となってこだまする。

『一輪の道化』

『一輪の道化』 ~名声とは結局、一つの新しい名のまわりに集まるすべての誤解の総体にすぎない~ リルケ『ロダン』 「あ、そこの店、俺もこの前行きましたよ。いいですよねえ。あそこランチだとごはん食い放題なんすよ」 違う。

ワタナベ スケザネ

ワタナベ スケザネ <自己紹介> 本企画の立案者です。 高校時代に大島保彦、大学時代に高山宏に感銘を受け、「読むこと」と「書くこと」という道をひた走り続けている最中です。