ご挨拶

この度は「パセリ流星群」に足をお運びいただきまして、

ありがとうございます。

 

6人が小説に、詩に、絵に、音楽を創ります。

作品のタイトルや冒頭で、ふと惹かれたものを見ていただいても、

作者紹介から気になった書き手の作品を見ていただいても、

手当たり次第にひもといていただいても、

すべて自由です。

 

 

パセリのみどりのように、

食卓に彩を一指しするように、

 

蒼穹を飛来する星々のように、

人々の願いと喜びがこだまするように、

 

一添えの香味から、

鈴なりのきらめきまで。

 

 

日常の中と延長にある

作品です。